2006・06

<< 05 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/ 07 >>

プロフィール

北のくじら

Author:北のくじら
北の札幌に住む不良中年のベトナム旅日記

最近の記事

ランキング参加中!

ポチッとご協力を!

FC2ブログランキングへ

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

--/--/-- (--) スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006/06/30 (Fri) ニャチャンの白砂
ベトナム中西部カインホア省ニャチャンはベトナムの代表的なリゾート地です。チャンフー通りに沿って白砂のビーチが5キロ以上続き、コバルトブルーの海には多くの島々が浮いています。
20060630055956.jpg


ニャチャン:11月に世界最長のロープウェイがお目見え

ニャチャン市の沖合いに浮かぶ、ホンチェ島と陸地を結ぶ全長3.3km、高さ40mのロープウェイが今年11月に運行を開始する。投資額は1000億ドン超(約7億7000万円)で、輸送能力は毎時1400人。約9分で島まで到達す。
 これまで同島へのアクセスは船のみで、ロープウェイの完成により、観光客は世界で最も美しい海岸29選に指定されたニャチャン湾の景色を存分に堪能できるようになる。
http://viet-jo.com/ VIETJOベトナムニュース より引用
スポンサーサイト

2006/06/29 (Thu) ニャチャン大聖堂
ベトナム中西部ニャチャンの大聖堂。
ニャチャン駅を見下ろす丘の上にあり、神聖な感じを受けました。朝と夕方にミサがあるようですが、訪れた時間が昼過ぎだった為、人の姿もありませんでした。とにかく暑かった35℃近くはあったんじゃないかと思います。

20060629074945.jpg


2006/06/28 (Wed) ベトナム・ロンソン寺
ベトナム中西部ニャチャンにあるロンソン寺(隆山寺)
境内に入った途端に蒼いワイシャツを着た若い人達が近づいてきて「私は公式なガイドです。私達は孤児で、この寺院の学校で英語を勉強しています。」と言って勝手に英語でガイドを始めました。ところが途中まで行くと「案内したのだから絵葉書を5万ドンで買って下さい。」10名近く集まって来て、「3人案内したから3冊以上買って下さい」いくらなんでも5000ドンで買える絵葉書が5万ドンとは?「1万ドンなら買ってあげる」といっても5万ドンでしか売らないというので、無視して頂上にある仏像に行き、戻る時も一人の男だけがついてきて、「3人で三冊10万ドンでどうか」と、あまりしつこいので待たせてあったタクシーに乗りこんだのだが、走るタクシーを追いかけてきて「ファック・ユー!」タクシーを止めて振り向いたが走ってお寺の中に入って行ってしまいました。

このランソン寺には行かない方がよいかと思います。

20060628095744.jpg


ロンソン寺⇒1889年創建。
ガイドブックによると撮影禁止のはずだが、お祈りをしているところの写真を撮れとガイド?言われ・・。
20060628095822.jpg


2006/06/27 (Tue) ポー・ナガルから見える
ベトナム中西部ニャチャンのポー・ナガル塔から見えるニャチャンの海。
茶色く流れるニャチャン川にかかるソムホン橋の向こうに、蒼く光るニャチャンの海が見えます。新しい橋が出来たのは3年くらい前かと思います。
20060627102231.jpg


2006/06/26 (Mon) ニャチャン・ポー・ナガル塔
ニャチャンの街の中心部から北へ2kmある、9世紀に立てられたチャンパ寺院。
この遺跡を訪れたのは5回目位、今回は火炎樹の花が、まだ残っていました。段々と修復が進み綺麗になってきています。
20060626124101.jpg


正式名称「鳳凰木」ホウオウボク
ベトナム語「ホア・フオン」
この火炎樹は19世紀にマダガスカルで確認されてから、世界の熱帯に伝わりベトナムに植樹されたのも新しいようです。
5月から7月にかけて真っ赤な花を咲かせるので火炎樹とよばれて、ベトナムでは学校は9月に始まり6月に学年が終えるので、「卒業式の花」とも呼ばれているようです。
ベトナム映画「季節の中で」のラストシーンの前にシクロ乗りのハイが売春婦の白いアオザイを着たランに火炎樹の花を髪に飾ってあげるシーンが印象的です。

2006/06/25 (Sun) ニャチャンの繁盛店
ニャチャンの安宿(ツインルーム15万ドン約1100円位)の
隣と向かいに店をかまえる、この食堂はすごい!
ベトナム人観光客が大型バスに乗りやって来る。僕が見ただけで10台以上。店の経営者らしき人に聞いたら1日1500人は来るとの事。
1日、日本円で50万円は売っているんじゃないかなぁ~。
すごい!


20060625130111.jpg





20060625130133.jpg
 ◎「ひたすら肉を焼くお兄ちゃん」
20060625130146.jpg
 ◎洗い物は歩道で一日いっぱいしていました。


2006/06/24 (Sat) ニャチャンの食堂
今回のベトナム統一鉄道の旅は殆どの場所が一泊というチョット強行な旅です。早朝にニャチャン駅に着きブランチをしたのがホテルの隣の食堂。
”ネム”(肉をバナナの葉で包み発酵させたもの)が名物のようで、それだけを買いに訪れる人も多くいました。

20060624102646.jpg

20060624102711.jpg


2006/06/23 (Fri) ベトナム統一鉄道・ニャチャン駅
ベトナム統一鉄道ニャチャン駅。
早朝6時前ニャチャン駅に到着、この時節のニャチャンは晴れの日が多いらしい。
列車が着いた途端に物売りの人や出迎えの人が大勢きて、どの空港も駅も港も、そうだけど外に出ると「ヘイ!タクシー」「ヘイ!オートバイ」の掛け声がうるさい!
font>20060623082614.jpg


このニャチャン駅には札幌に住んでいるベトナム人留学生のクン君のお父さんが迎えに来てくれて、家で果物とお茶をご馳走してくれ、その後はバイクを貸してくれて、朝ごはんのフォーまでご馳走になってしまった。

20060623082723.jpg


2006/06/22 (Thu) ベトナム統一鉄道・寝台車
今回の旅はベトナム人の北海道大学留学生のHuuくんと日本人大学院生M君との三人旅。
1,3,5が僕たちのベッド。同室したのは乗って直ぐに寝ていた20代後半のお兄ちゃんNo6と2,4には70代のお婆ちゃんと娘さんと孫さん。
出発が23時なので殆ど話もせず、各自のベットへ。
エアコンが寒すぎる・・・。
明るくなったわかった事だけど、枕の下に毛布がありました・・・早く気づけば深夜にゴソゴソとTシャツの重ね着はしなくてすんだのに・
・。

20060622142840.jpg


2006/06/21 (Wed) サイゴン駅構内の様子
サイゴン駅の構内には多くの売店や小さな飲食店が数多くあります。
列車の発車時間までビールを飲んでいたり果物を食べていたり、
長旅に備えて腹ごしらえをしているようです。

20060621085654.jpg


2006/06/20 (Tue) ガーサイゴン(サイゴン駅)
サイゴン発23時発SA4列車。
長い列車・・何両編成なのか?長すぎる。
ホームには見送りの人や荷物を沢山持った人が大勢!

20060620144606.jpg


2006/06/19 (Mon) ベトナム統一鉄道
ベトナム統一鉄道の切符

1、SE6列車名
2、座席の種類(寝台車)
3、SAIGON⇒出発地と行き先
4、Ngai 年月日
5、Gio 出発時間
6、Toa 車両番号
7、Tang ベットの段数
8、Loai 寝台車
9、Giuong 寝台座席番号
10、Gia 運賃


列車のクラスによって連結される車両は異なりますが、ソフトベッド
・ハードベット・ソフトシート・ハードシートがあり安い車両には
エアコンは付いていません。
今回、利用したのは6名のコンパートメント。エアコンが効きすぎて
寒いくらいです。


20060619165022.jpg




ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



楽天市場



タワーレコード



アフィリエイトはエーハチネット



MTV シティカード

MTV シティカード ゴールド



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。