FC2ブログ
2019・08

<< 07 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/31/ 09 >>

プロフィール

北のくじら

Author:北のくじら
北の札幌に住む不良中年のベトナム旅日記

最近の記事

ランキング参加中!

ポチッとご協力を!

FC2ブログランキングへ

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

2006/11/01 (Wed) ハイ・バー・チュウン
10月29日のブログに”回転象”を載せたのですが、フランスに住むKikuさんから画像を送っていただきました。
サイゴンにもある通り名の”ハイバーチュンの物語を表しているようです。

・ハイ・バー・チュン
中国の支配に常に押さえられているベトナムでしたが、漢の時代にも税金を取られたり、人夫としてこき使われたりしていましたが、紀元40年にベトナムの豪族のティ・サックが漢の役人の首をはねる事件が発生した。
このティ・サックの妻がチュン・チャック(徴側)で、彼女は妹のチュン・ニ(徴弐)とともに国内の民に漢への反乱を呼びかけ、反乱軍を結成しつぎつぎと漢の役員が守る城を攻め落とし、その数65と言われる。
そうして現在のハノイの近くに都を構えた。チュンは自ら女王として迎えられた。しかし漢の皇帝は2万の軍をベトナムに差し向け、反乱軍も粘り強く抵抗したが43年ついに漢の前に破れ、チュンは川に身を投じ自ら命を絶った。以後ベトナムは漢の直接支配となった。結局チュンの女王は3年の短命ではあったが、ベトナム人の心
には英雄としての称えが続き、現在も命日の2月6日にはハノイで盛大な祭りを行っている。
各都市にはハイバーチュン通りとして名を残しており、切手の図案にもなっている。なお、ハイはベトナム語で2を表し、バーは婦人を表しており、ハイ・バー・チュンとは「チュン姉妹」の意味である。

転記「ベトナム雑記帳」http://www.tulip.sannet.ne.jp/t-takeoka/

trungsisters.jpg

スポンサーサイト




comment

面白いですね。
旅行は気の向くままが楽しいですが
名所旧跡や遺跡めぐりはガイドが欲しいと
おもうときがけっこうあります。
2006/11/01 21:03 | URL | あーろん [ 編集 ]

旅行は予習・復習が楽しみでもありますよね~。
行く前にいろいろ調べてみるのも面白いし、とりあえず行って、帰ってから調べてみるのも面白い。
約2000年も前にそんな事があったところに行くのって不思議な感覚になりそうです。
2006/11/02 01:19 | URL | まさ [ 編集 ]

あーろんe-490さん
やはりガイドさんが居たほうが便利ですよネ。
ハロン湾には2度行きましたが、1度目に
ガイドさんがいろいろと説明してくれたので
2度はゆっくり観る事ができました。
e-246
2006/11/02 16:21 | URL | 北のくじら [ 編集 ]

e-246まささんe-227
ハイバーチュンの物語も知っていたのですが
象に乗って戦ったのは知らなかったので勉強に
なりました。
2006/11/02 16:23 | URL | 北のくじら [ 編集 ]









ブログ管理人にのみ表示を許可する


trackback

trackback_url
http://saigon.blog71.fc2.com/tb.php/94-33af985d



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



楽天市場



タワーレコード



アフィリエイトはエーハチネット



MTV シティカード

MTV シティカード ゴールド